CHUWI Hi8 8インチタブレット 買ってみたぞ!!

 

CHUWI Hi8 8インチタブレット DualOS(専用ケース付き)を買ってみたのでレビューなどをしていきたいと思います。

DSCN3949

今回はAmazonさんで15000円で購入。

いや~最近の中華タブレットは本当に安いですね。本当に驚きですわ(゚〇゚;) しかもこのタブレットOSがandroidとwindows 10が入ってるデュアルブートOSって奴らしい、とゆうことで気になって買ってしまった(●´ω`●) がしかし 在庫が無いらしく入荷待ちだったので予約し(2015年12月20日時点)はじめは1月5日に届く予定でしたが遅れると連絡が来て1月9日に届いた。

スペック、仕様はこうなります↓

CPU:Intel Atomプロセッサー Z3736F 2.0GHz
GPU:Intel HD Graphics
メモリー:2GB
ストレージ:32GB
ディスプレイ:8インチIPS液晶&1920×1200ドット
カメラ:フロント30万画素&リア200万画素
スピーカーとマイク:内蔵
通信方式:
※Wi-Fi:対応
Bluetooth:対応
衛星GPSとWi-Fi GPS:Wi-Fi GPS対応
Wi-Fi GPSと衛星GPSの区別:
Wi-Fi GPSとは、Wi-Fiの環境で現在地を確認できる機能。衛星GPSとは、Wi-Fiの環境がなくて内部のGPSモジュールで現在地を確認できる機能「地図ソフト必要」。
I/Oポート:マイクロUSB*1、マイクロSDカード*1、イヤホンジャック*1
バッテリー容量:5000mAh
サイズと重量:約211.2×123.2×7.9mm&約352g
シェル:工業用プラスチック

■ソフトウェア
ファームウェア:Windows 10とAndroid 4.4
両OS言語:日本語設定済「マルチ言語対応」

■付属品
充電器「保証対象外」&USBコード&日本語説明書

 

DSCN3949 DSCN3951

仕事終え家に帰ると待ちに待ったタブレットが届いてたヽ( ´¬`)ノ さっそっく開けよう♪

DSCN3955

まずは本体 保護フィルムは最初から貼ってあった( ^_^) 貼るの苦手な人は嬉しいかも♪

DSCN3954

付属品は 充電アタブタ、充電ケーブル、USBホストケーブル、説明書は全部中国語やったわ (* ̄ρ ̄)

DSCN3956

予備の保護フィルム

DSCN3982

保護ケース セット品なので付いてきます( ̄o ̄)  凄い安っぽいペラペラなケースでした。

以上で入ってた物です。

では本体の解説に入ります

DSCN4014

8インチのタブレット 大き過ぎず小さ過ぎずで自分は丁度いいと思います。思ったより軽い

DSCN3981 DSCN4028 DSCN4002 DSCN4004

背面 ツルツルでは無く少しザラザラして右下にスピーカーがあります。ipadと比べるチープな作りだなぁ

DSCN4024

ホームボタン

DSCN4020

右側にサイドボタン 音量ボタンと電源・スリープボタン。

DSCN4019 DSCN3961

サイドボタンの隣にmicroSDのスロットがあります。 今回は東芝製の32GBのmicroSDを使用します。

DSCN3995

下側のは何の穴でしょうか?多分マイクかなぁ?

DSCN3994

上側にイヤホンジャックとマイクロUSBがあります。

 

DSCN3988

アウトカメラ 200万画素なので今どきののスマフォと比べると性能は良くはないです。

DSCN4025

インカメラ 30万画素なのでアウトカメラと同じく今どきのスマフォと比べると性能は良くはないです。

では早速電源入れてみましょう。

 

DSCN4010

電源を入れたら最初にwindows10のセットアップが映り、セットアップ完了後になると普通に使用出来る状態になります。(セットアップ時写真を撮り忘れた為現在使用中の画面です)IPS液晶&1920×1200ドットなので画面は凄いキレイです 中華タブレットとは思えないくらいでd(>_< )Good!!

DSCN4011  DSCN4012 DSCN4009

osをAndroidに変えるには DualOSSwitcherのショートカットをダブルクリックすればOSを切り替えますか?ってそれっぽい英語で確認画面がでますのでOKをクリックすれば電源が切れ Androidが立ち上がります。

18  15

Android時のwindows10への切り替えは画面の右あたりを下に向かってスワイプすればメニュー一覧がでますので OS SWITCHをタップすれば確認画面がでますのでOKをクリックすれば電源が切れwindows10が立ち上がります。

無題

windows10 とAndroidのデュアルブート為、内臓ストレージは凄い事になってます∑( ̄Д ̄;)
その為、内臓ストレージが圧迫し容量が少ないためmicroSDカードを追加して使用する事をおすすめします。(microSDカードを仮想HDDにしてます。)

Screenshot_2016-01-18-03-13-34 Screenshot_2016-01-18-03-16-55

Screenshot_2016-01-18-03-14-03あとAndroidの方で「デレステ」やってみました。 最高設定でやったらLIVE中の画質が何故か低画質に・・・
やっぱりスペック的につらいのかなぁ・・・スムーズには動いたけどまぁやれなくはなかったようだ。

Screenshot_2016-01-18-03-36-27 Screenshot_2016-01-18-03-35-45

「ピクセルガン」もすこしやったがこっちは問題なくスムーズに動作した。

20160118 2

今度はwindows10に切り替えて「艦これ」をやった 問題なく動いたがメインPCと比べると微かにもっさり気味、まぁ実用に問題ないレベルだが・・・
他にはニコニコ・YouTubeも問題なく再生された。

まとめ

今回このタブレットは15000円の中華タブレットにしては動作もキビキビ動いてくれますし、日本語対応でフルのwindowsが入っておりパソコンで使ってるソフトが使えキーボードとマウスがあれば出張や出先で作業ができるのでコストパフォーマンス最高だと思います。Androidはそこそこの性能だったなぁ~でもディアルブートOSは斬新で個人的には結構気にってます(o ̄∀ ̄)

ただし

WiFiモデルしかなくタブレット単体では通信は出来ません。別途に無線LANやスマフォのテザリングで回線を用意する必要があります。

最近の中華製は昔よりマシになってって驚きました。またなんか買っちゃうかも(・_・ )))))((((( ・_・) きょろきょろ

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。m(_ _)m