Kingston SSD 120GB を買ったちゃった”(-“”-)”

 Kingston SSD 120GB 2.5インチ SATA3 TLC NAND採用 を購入しましたの簡単にですがレビューしたいと思います

今回はAmazonさんで4372円でした。

では早速開封!(^^)!

 

 

の前にいつも通りスペックを貼っておきます↓

 

フォームファクタ: 2.5″

インタフェース:
SATA Rev. 3.0 (6Gb/秒) – SATA Rev. 2.0 (3Gb/秒) と下位互換性あり

容量2: 120GB, 240GB, 480GB, 960GB

コントローラ: Marvell 88SS1074

NAND: TLC

ベースライン パフォーマンス1:
データ転送 (ATTO):
120GB モデル – 最大 550Mb/秒 (読み取り)、最大 350Mb/秒 (書き込み)
240GB モデル – 最大 550Mb/秒 (読み取り)、最大 490Mb/秒 (書き込み)
480GB モデル – 最大 550Mb/秒 (読み取り)、最大 500Mb/秒 (書き込み)
960GB モデル – 最大 540Mb/秒

(読み取り)、最大 500Mb/秒 (書き込み)

最大ランダム 4K 読み取り/書き込み (IOMETER):
120GB モデル – 最大 90,000 IOPS および 15,000 IOPS
240GB モデル – 最大 90,000 IOPS および 25,000 IOPS
480GB モデル – 最大 90,000 IOPS および 35,000 IOPS
960GB モデル – 最大 90,000 IOPS および 50,000 IOPS

消費電力:
アイドル時 0.672W / 平均 0.693W / 0.59W (最大) 読み取り / 2.515W (最大) 書き込み

保管温度:
-40℃~85℃

動作温度:
0℃~70℃

寸法:

100.0mm x 69.9mm x 7.0mm

重量: 57g

耐振性(動作時):
2.17G (ピーク時、7~800Hz)

耐振性(非動作時):
20G (ピーク時、10~2000Hz)

MTBF (平均故障間隔) : 100 万時間

保証/サポート3:
3 年保証、無料サポート

書き込みバイト総数 (TBW)4:
120GB モデル:50TB
240GB モデル:100TB
480GB モデル:200TB
960GB モデル:400TB

正面
材質は金属製で表面はザラザラしてます。放熱性はよさそうですね( *´艸`)

背面

側面

端子側はこんな感じ。

やっとHDDマウンターをゲットしたのでSSDを付けていきたいと思います

 

では最後にベンチマークします。
まずはHDDから
 これがHDDのベンチマーク
こっちがSSDのベンチマークです。
圧倒的にSSDのほうが早いですね。( ̄∇ ̄*)o
OSの起動も以前は40秒くらいかかりましたが今回で換装で脅威の9秒(ノ´▽`)ノ

ブラウザ読み込みや動画の見始めが速くなったし満足です。

簡単でしたが以上です。
ということでこんな感じでした。
最後まで見てくれてありがとうございます!!。